ここから本文です

86歳のクリント・イーストウッド、俳優業に「いつか戻る」

5/22(月) 17:45配信

cinemacafe.net

20日(現地時間)、カンヌ国際映画祭のクラシック部門で4K修復版の『許されざる者』が上映された。この作品は1992年に製作されたクリント・イーストウッド監督・主演の西部劇で、4つのオスカーを受賞。今年、公開から25周年記念を迎えた同作の上映に、イーストウッドも飛び入り参加し、会場を沸かせた。

【写真】クリント・イーストウッド/フォトギャラリー

「25年前にこの作品の脚本を読んだとき、『これが私にとって最後の西部劇になるだろう』と思ったんだ。結局、これほど素晴らしい西部劇の脚本には出会えていない。でも、将来的にまた何か良いものが出てくるかもしれないね」と新たな西部劇との出会いに期待は捨てていないようだ。

また、翌日には講演会「Cinema Lesson By Clint Eastwood」に登壇したイーストウッド。2012年製作の『人生の特等席』以来、俳優業から遠ざかっており監督業に専念しているが「いつかまた俳優に戻るつもり」と俳優業へのカムバックに前向きであることを語った。(2014年の監督作『アメリカン・スナイパー』、2016年の監督作『ハドソン川の奇跡』にカメオ出演はしている)。

最新監督作『The 15:17 to Paris』(原題)に着手したばかりというイーストウッドは現在86歳。スクリーンで再び姿が見られる日が待ち遠しい。

最終更新:5/22(月) 17:45
cinemacafe.net