ここから本文です

クリント・イーストウッドがカンヌ映画祭に参加、西部劇への愛語る

5/22(月) 11:28配信

映画ナタリー

クリント・イーストウッドが、現在フランスにて開催中の第70回カンヌ国際映画祭に参加した。

クラシック部門に監督・主演を務めた西部劇「許されざる者」が出品されていたイーストウッドは、現地時間5月20日に行われた上映にサプライズで参加。観客から大きな歓声を浴びた。

21日には70回目の映画祭開催を記念したトークショーに出席し、映画批評家のケネス・トゥランと対談を実施。イーストウッドは「私は子供の頃から西部劇を愛していました。ゲイリー・クーパーやジョン・ウェインが私のアイドルだった」と同ジャンルへの思いを語ったほか、現在の政治状況に対して警鐘を鳴らした。

最終更新:5/22(月) 11:28
映画ナタリー