ここから本文です

ヤクルト 悪夢の敬遠球大暴投…捕手・中村「座ってやれば良かった」

5/22(月) 6:05配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト4-5阪神」(21日、神宮球場)

 悪夢の大暴投だった。七回、2点リードを追い付かれてなお2死二、三塁で4番・福留には敬遠策を選択。ヤクルト・ルーキが投じた3球目は立ち上がって構える捕手・中村がジャンプしても届かない。頭のはるか上を越え、球が転々とする間に三走・高山の生還を許した。

【写真】ヤクルト、昨季は敬遠暴投の恩恵を受けていた

 信じられない形で勝ち越し点を献上。一塁ベンチでは真中監督らがあっけにとられた表情で固まった。試合後の中村は「座ってやれば良かった。悔いの残る点の取られ方」と猛省。張本人のルーキは「NO!」とだけ答え、足早に立ち去った。

 九回裏は1死満塁まで反撃したが及ばず、連勝も4でストップ。「敬遠のボールはもったいなかった。(九回の攻撃は)良いところまでいったので悔しかった」と真中監督。あまりにもショックが大きい逆転負けに肩を落とした。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 7:55