ここから本文です

ホンダジェット、東南アジア地域での受注を開始

5/22(月) 13:15配信

レスポンス

ホンダの航空機事業子会社、ホンダ エアクラフト カンパニーは5月21日、スイスのジュネーブで開幕した欧州最大のビジネス航空ショー、「EBACE2017」において、ホンダジェットの東南アジア地域での受注を開始すると発表した。

[関連写真]

今回、ホンダ エアクラフト カンパニーは、タイのバンコクに本拠を置くタイエアロスペースサービス(TAS)社を東南アジア地域における初めてのディーラーに指定した。

TAS社は、40年以上の活動実績を有し、今後はホンダジェットのディーラー、「ホンダジェットサウスイーストアジア」として、タイ、カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、およびベトナムにおける同機の販売の他、各種のサービスやサポートを行う。

ホンダ エアクラフト カンパニーの藤野 道格社長は「我々は、アジアでの市場性を検討してきた。東南アジアにおけるホンダジェットに対する関心は非常に高く、東南アジアでのホンダジェットの受注を開始する。この地域のビジネスジェット機の市場の成長率は高いと予測されており、ホンダジェットへの潜在需要も高いと見ている」とコメント。

TAS社のカサボル・ボウォンスリカン社長は、「TAS社がホンダジェットのディーラーとして、顧客のサポートができることをうれしく思う」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:5/22(月) 13:15
レスポンス