ここから本文です

【国内映画ランキング】「美女と野獣」V5で興収100億突破間近!初登場「ピーチガール」は3位

5/22(月) 19:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 5月20日~21日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク前から大ヒット上映中のウォルト・ディズニーの「美女と野獣」が、5週連続首位を獲得した。週末2日間で観客動員30万7067人、興行収入4億3456万5100円を記録し、累計で動員637万人、興収89億円を突破。100億円超えまであと約10億円と迫った。

 5週連続2位の「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」は、週末2日間で動員12万3000人、興収1億6100万円をあげ、累計興収は61億円を突破した。シリーズ最高成績を記録した前作「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」(最終興収63.3億円)を来週には抜くものと思われる。

 新作では4本がランクインした。上田美和氏の人気コミックを山本美月と「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧主演で実写映画化した「ピーチガール」が3位に初登場。全国301スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員12万人、興収1億4300万円を記録した。若い層を中心に動員しており、まずは興収10億円が当面の目標となりそうなスタートとなった。

 6位には、宗教家・大川隆法が製作総指揮と原案を手がけたドラマ「君のまなざし」がランクイン。全国177スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員9万1895人、興収1億2674万9300円をあげた。

 異星人とのコンタクトを描いたSFドラマ「メッセージ」は7位に初登場。「劇団EXILE」の青柳翔が「渾身 KON-SHIN」の錦織良成監督と再びタッグを組んだ本格時代劇「たたら侍」は、同じ時代劇の「無限の住人」と入れ替わるように10位にランクインしている。

最終更新:5/22(月) 19:00
映画.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ