ここから本文です

AIが彩色した映像、NHKが放送 昭和の白黒番組をカラーに

5/22(月) 15:51配信

ITmedia NEWS

 人工知能(AI)技術を使い、昭和前半の大相撲の白黒映像をカラー化したものを、NHKが「大相撲中継」(5月21日放送)内で放送した。客席の賑わいや千秋楽の取り組みがカラー化され、「当時の様子を身近に感じられる映像になっている」という。

【拡大画像】AIが彩色した映像

 1941年にNHKが放送した大相撲夏場所の白黒映像をカラー化した作品。NHKアートとAIベンチャーのRidge-i(東京都千代田区)が共同制作した。

 制作では、人間が着色した数枚程度のカラーフレーム例をAIに学習させ、大相撲の白黒映像に「狙った色を自動着色させた」(NHKアート)。AIがカラー化した映像を、人間が最後に修正し、約4分間のカラー映像を完成させたという。

 Ridge-iによれば、従来の手法だと、AIが手本とする学習データが数百万枚ほど必要だった。今回は人間が着色したフレームを大量に用意することが難しかったため、数枚程度の手本データで効率よく学習する手法を開発し、取り入れたという。例えば、力士がおじぎをする前の「開始時」のフレームのみを人間が着色し、その後のおじぎをする動きのフレームはAIが追従して着色するようにした。

 制作過程では、人とAIの作業分担のバランスを考慮した。その結果「放送品質を維持しながら、全体の作業工程を大幅に削減しつつ、人はデザインコンセプト作りなどに集中する体制を作れた」(Ridge-i)としている。

 完成した映像は、NHKのWebサイトで6月11日24時まで閲覧できる。

最終更新:5/22(月) 16:51
ITmedia NEWS