ここから本文です

清宮が通算95号本塁打 右翼席上段まで運ぶ 作新からの本塁打に「自信になった」

5/22(月) 11:53配信

デイリースポーツ

 「春季高校野球・関東大会準々決勝、早実-作新学院」(22日、ひたちなか市民球場)

【写真】これが内野5人の“清宮シフト”だ!

 今春センバツ出場の早実が、昨夏甲子園優勝の作新学院と対戦した。

 今秋ドラフト1位候補の清宮幸太郎内野手(3年)は「3番・一塁」で先発出場した。

 清宮は5点を追う八回1死から133キロ直球をとらえ、右翼席上段まで飛ばす本塁打をマーク。これで高校通算95号となった。

 清宮はここまで、初回1死一塁の第1打席は、1ストライクから外角低めの変化球を打ち上げて中飛。第2打席は、三回1死、2-5と3点を追う展開でカウント1ボール2ストライクから、低めの変化球にバットが空を切り、三振に倒れた。

 5点を追う六回無死の第3打席は、1ボールから内角の129キロを捉えきれず捕邪飛に打ち取られていた。

 試合を終えた清宮は「あまりタイミングが合っていなかったが、最後の打席はうまく合わせられた。上手くさばけたと思う」と納得。これで関東大会は2試合連発で、公式戦では東京都大会から5試合連発。今回は全国レベルの投手から打てたことに「自信になりましたし、いいピッチャーに対する対し方というのが出来上がってきつつある。夏に向けて更にレベルアップしたい」と語った。

スポーツナビ 野球情報