ここから本文です

よゐこ有野、加藤浩次の「100万」やるを信じて高級腕時計購入も…

5/22(月) 12:23配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉が22日、日本テレビ系「スッキリ!」で、加藤浩次の「2000万円当たったから100万円やる」という“嘘”を信じて100万円の高級腕時計を買ってしまった過去を明かした。

【写真】有野の娘の入園式に出席して夫婦に間違われた女性芸人とは…

 番組では映画「トモシビ 銚子電鉄6・4kmの軌跡」の初日舞台挨拶に登場した有野を直撃。MCの加藤について「基本的に嘘つきですよ」と言い放った。

 有野によると、サッカーくじのtotoが流行りだした20年ほど前、毎回totoをやっていた加藤が有野に「当たったぞ」と告白してきたという。有野は「まじですか?じゃあごちそうしてください」と言うと「何言ってんだよ。2000万だぞ。100万やるよ」と豪語したという。

 喜んだ有野は、その100万円をあてにして、すぐさま高級腕時計を購入。それを加藤に報告したところ「あれ、うそ」と言い放たれたという。

 「すぐにカード会社に連絡して『リボ払いにしてください』って。かっこ悪い話やで…」と当時を振り返り恨み節をつぶやいた。

 これを聞いた加藤は「はっきり覚えてる」と当時の状況を説明し始めた。加藤は土曜日開催の試合を全部的中させ、残りは日曜開催の2試合だけ。「その試合は強い、弱いがハッキリしていて、明らかにこっちが勝つと分かっていた」という。「これ、全的(中)だと。少なくとも2000万円。その日に有野に会ったから、早めに当たったって言っちゃったの」と振り返った。

 だが、結局日曜は、「弱い方が2つ勝っちゃった」とまさかの展開となってしまい、「3等で6800円ぐらいだった」と予想外?の成績に。「ギリギリのとこだったの。騙すつもり?違う違う」と、本当に当たれば100万円あげるつもりだったと説明した。加藤によると、有野は今も、そのときに買ってしまった時計を愛用しているといい、「舞い上がっちゃってたんだな」と、苦笑いで当時を思い起こしていた。