ここから本文です

【ダービー馬体診断】ダイワキャグニー

5/22(月) 12:43配信

デイリースポーツ

 「ダービー・G1」(5月28日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をS~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】日本ダービー馬体診断一覧

 【ダイワキャグニー=評価B】

 手脚が長く、体高があり、見栄えのする体つき。2歳時から既にバランスは取れており、いい意味で大きくシルエットは変わっていない。皮膚の質は厚ぼったいが、筋肉量が多くない分、スマートに映る体形からも距離への対応は問題ないだろう。

 中2週となるが、適度に余裕を持たせた腹回り。引き続きツヤのある体つきからも見た目に反動を一切感じさせない。

 ポテンシャルは同世代の中でも上位の存在だが、気持ちが入りやすく、弥生賞惨敗が示すように繊細な部分は残る。今回の舞台設定の肝である1コーナーの入りが鍵になりそう。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F70秒4-41秒3-13秒5(馬なり)。前走後の初時計。無理をせず馬の気に任せたが、弾むようなフットワークから勢い十分の伸び脚を見せた。馬体も柔らかみがあって、いい状態で大一番を迎えられそうだ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ