ここから本文です

南アフリカ製作のSF映画「リヴォルト」公開、予告編で未知のロボットが人間を虐殺

5/22(月) 16:00配信

映画ナタリー

「ホビット」シリーズのリー・ペイスが主演を務める「リヴォルト」が、7月1日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開される。

【写真】「リヴォルト」(他1枚)

南アフリカで製作、撮影された本作は、何者かによって侵略され荒廃した地球が舞台のSF映画。記憶を喪失した男“BO(ボー)”と彼の前に現れた女医とが、未知のロボットが闊歩する世界で生き残るため立ち上がる。ペイスがBO、「007 スカイフォール」のベレニス・マーロウが女医を演じ、CMやPV、ドラマなどを手がけてきたジョー・ミアーレが監督を務めた。

現在YouTubeにて予告編が公開中。映像には廃墟と化した街やロボットが人間を虐殺する様子、絶望的な状況下でも希望を捨てないBOの姿が切り取られている。

なお「リヴォルト」は、全世界に先駆けて日本で公開される。

(c)POW NEVADA, LLC 2017

最終更新:5/22(月) 16:00
映画ナタリー