ここから本文です

東京五輪マスコット 審査会メンバーにアラレちゃんの“Dr.マシリト”!?

5/22(月) 14:01配信

デイリースポーツ

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、一般公募で決定する大会公式マスコットの応募要項と、スケジュールを発表した。

【写真】アラレちゃん・小山茉美と孫悟空・野沢雅子のツーショット!

 絞り込みの段階の審査はこの日、第1回会合を行ったマスコット審査会(宮田亮平座長、文化庁長官)が行う。審査会メンバーには元テニスプレーヤーの杉山愛さん、“しょこたん”ことタレントの中川翔子さん、“妖怪ウォッチ”を生み出したレベルファイブの日野晃博社長がマスコット検討会議に引き続き参加。また、新たに大人気漫画『Dr.スランプ』でDr.マシリトというキャラクターで作中に登場したことがある元少年ジャンプの編集者で、現白泉社社長の鳥嶋和彦氏も加わった。

 マスコットデザインの応募資格は経験や受賞歴は問わず。日本国籍および、日本在住の外国籍(日本国内の住民票)を持つ18歳以上。個人またはグループ(10人以内)の応募が可能で、グループの場合は代表者が応募資格を満たしていれば、18歳未満も参加できる。応募期間は8月1日正午から同14日正午までで、大会公式サイトに提出する。マスコット基本デザインほか、基本デザイン案の6面図、表情デザイン案(2種)、競技別デザイン案(2種)、マスコットのプロフィールの提出が必要となる。

 作品は形式のチェック、マスコットウイング審査会による審査、商標などの調査を経て、今年12月初旬に最終候補作品(3~4つ)を発表。全国の小学生によるクラス単位の投票により、最終決定する。デザインは18年3月に決定。ネーミングの選考を経て、18年夏に正式発表となる。