ここから本文です

漫画家が至高の仕事場を完成させるも、どう見ても歯医者

5/22(月) 17:59配信

ねとらぼ

 漫画家が完成させた仕事場がどう見ても歯医者の治療椅子だと話題になっています。プロ漫画家、最良の作業環境は歯医者だったのか……!

【画像:作業場でくつろぐ猫ちゃん】

 「試行錯誤していた仕事場が完成しました。ほぼ歯医者になりました。漫画家の仕事場ですが」と作業スペースを公開したのは、月刊ドラゴンエイジで「哲学さんと詭弁くん」を月刊アクションで「踏切時間」を連載中の漫画家・里好(@satoyoshimi)さん。

 フランスベッド製のリクライニングチェアを中心に、コピー機、スキャナー、タブレット、テレビモニター、PCモニター、キーボード、ペンタブレット、ゲーミングキーボード、ネスプレッソがぐるりと配置されており、まさに理想の作業環境となっています。

 これには4万3000件の“いいね”の他、「こういう仕事場に憧れますね」「なんという設備の良さ」と絶賛の声が相次いでいますが、その見た目から里好さんと同じく「つまり歯医者は漫画家」と歯医者に置いてある治療椅子を連想する人も。

 なお使い心地の良さは里好さんの愛猫さんの折り紙付きで、投稿された画像にはリラックスする猫さんの姿も写っています。作業に疲れたときはモフモフさせてくれるのかな……。

 里好さんは3月にもこの仕事場を公開しており、その時はまだ完成形ではなかったものの、1万6000件以上の“いいね”を集めていました。いつかこんな仕事場で作業してみたいものですね。

画像提供:里好さん

最終更新:5/22(月) 17:59
ねとらぼ