ここから本文です

NVIDIAは“謎のAI半導体メーカー” 日経の記事に「どうしてこんなタイトルになった」の声多数

5/22(月) 17:59配信

ねとらぼ

 本日5月22日に公開された日経ビジネスオンラインの記事、「詳報:トヨタが頼った謎のAI半導体メーカー」に読者から疑問の声が多数あがっています。というのも、同記事のいう“謎のAI半導体メーカー”が、GPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)で圧倒的なシェアを誇るNVIDIA(エヌビディア)のことだったのです。

【画像】同じ記者の別記事

 GPUとは、PCの画像処理をする部品の1つ。そんなGPU機能を拡張するパーツ「グラフィックボード」は、最新のPCゲームをプレイする上で欠かせません。NVIDIAは「グラフィックボード」の「GeForce」シリーズなどで非常に高い評価を得ており、時価総額10兆円に迫る世界的有名企業です。

 しかし、日経ビジネスオンラインの同記事では、記事冒頭でも「序列の崩壊を象徴する提携」「長らく、ゲーム用半導体というニッチ産業のプレーヤーの1社に過ぎなかった」「まさに『知る人ぞ知る』存在だった」と表記。同社を知る読者からは「NVIDIAが謎扱いされちゃうのか」「どう見ても業界最大手同士の提携じゃん」「NVIDIAが謎の企業だったらこの世は謎の企業だらけ」といった声が多数あがっています。

 同記事についてハフィントンポストがNVIDIAに取材に行っており、日本支社の広報が「記者は弊社をよく知った上で取材しています」「読者の興味を惹くための釣りタイトルだと思います」と回答したとあります。

 実際に同じ記者の別記事ではNVIDIAに取材していることから、タイトルなどは日経ビジネスオンライン編集部で付けたもののように見受けられます。また、NVIDIAがGPUではトップでも半導体全体ではトップ10から外れていることから読者層に合わせた書き方をしただけで、本当に知らなかったり“謎の企業”と思ったりしているわけではないのでは、といった声もあがっていました。

 ねとらぼ編集部では現在“謎のAI半導体メーカー”と表現した意図などについて、日経BPに問い合わせています。

最終更新:5/22(月) 20:30
ねとらぼ