ここから本文です

大友克洋トリビュート展が渋谷で、大友の本邦初展示となるイラストも

5/22(月) 20:21配信

コミックナタリー

大友克洋に影響を受けた日仏総勢79名の作家によるトリビュートイラスト展「TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION」が、6月3日から18日までタワーレコード渋谷店8階のSpaceHACHIKAIにて開催される。

【写真】Gimenez「TRIBUTE TO OTOMO」(他3枚)

これは大友のフランス・アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリ受賞、およびトリビュートイラスト集「TRIBUTE TO OTOMO」の日仏同時刊行を記念して企画されたもの。展示会では「TRIBUTE TO OTOMO」に収録されている作品の高精細出力画を展示するほか、執筆作家からのメッセージVTRを上映。参加作家の代表作の閲覧・販売コーナーも設けられる。さらに大友克洋の原画も登場。本邦初展示となるイラストもお目見えする。

会期中にはサイン会やトークショーなどのイベントも開催予定。記念グッズも用意される。

「TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION」
会期:2017年6月3日(土)~6月18日(日)
時間:11:00~21:00(最終入場20:30)※最終日のみ17:00まで(最終入場16:30)
会場:タワーレコード渋谷店 8F SpaceHACHIKAI
入場料:800円 ※未就学児は無料


「TRIBUTE TO OTOMO」執筆作家陣
浅田弘幸、江口寿史、五十嵐大介、上條淳士、桂正和、岸本斉史、松本大洋、望月峯太郎、村田蓮爾、弐瓶勉、貞本義行、士郎正宗、田島昭宇、高野文子、竹谷隆之、谷口ジロー、寺田克也、浦沢直樹、吉田戦車 ほか