ここから本文です

【MLB】好調カブス打線が爆発、ブリュワーズの5連勝を阻止

5/22(月) 17:17配信

ISM

 シカゴ・カブスは現地21日、地元でミルウォーキー・ブリュワーズと対戦。クリス・ブライアント三塁手の2発を含む4ホーマーなどで、13対6と快勝した。ブリュワーズは連勝が4でストップ。

 カブスは、初回にベン・ゾブリスト二塁手の先頭打者ホームランなどで3点を先制。その後もブライアントが3回と5回に2打席連続ソロアーチを放つなど、着実に追加点を重ねていく。12点リードで迎えた9回に5点を返されたが危なげなく逃げ切った。投げては先発ジェーク・アリエッタ投手が6回1失点(自責点はゼロ)で今季5勝目(3敗)を記録している。

 ここ5戦で4勝し、今季22勝20敗まで巻き返してきたカブスのジョー・マッドン監督は、「上から下まで打線がよく振れている」とコメント。「13得点とまではいかないかもしれないが、これからも打ってくれると信じている」と好調な打線に信頼を寄せていた。(STATS-AP)

最終更新:5/22(月) 17:17
ISM

スポーツナビ 野球情報