ここから本文です

リズム・ボックス内蔵ミニチュア・アンプがエフェクトを加えてパワーアップ、VOX「AC2 RhythmVOX」

5/22(月) 10:46配信

BARKS

リズム・ボックスを内蔵した人気のミニチュア・アンプ「AC1 RhythmVOXシリーズ」がパワーアップ、ギター専用の「AC2 RhythmVOX」、ベース専用の「AC2 RhythmVOX Bass」として帰ってきた。

さまざまな機能アップがなされた新モデル。アンプ出力は1Wから2Wへ増加。前モデルよりも余裕ある出力が、歪みを抑えたクリーン・サウンドから力強いハイゲイン・サウンドまで、サイズ以上の音圧感を実現している。スピーカーは3インチのVOXオリジナル・スピーカーをステレオでマウント、迫力のあるサウンドが楽しめる。

ギター専用の「AC2 RhythmVOX」は、歪みのレベルに応じてクリーン、クランチ、リードの3タイプを切り替え可能。アナログ回路ならではの本格的なギター・サウンドが得られる。ゲイン、トーン、ボリュームのコントロールで、好みに合わせて多彩なサウンド・メイクが楽しめる。

ベース専用アンプ「AC2 RhythmVOX Bass」は、イコライザーのセッティングがそれぞれ異なるノーマル、フラット、スクープの3タイプのサウンド・バリエーションを用意。アナログ回路によるパワフルなベース・サウンドで、コンパクトながら十分な低音をカバー。コントロールはゲイン、トーン、ボリュームを用意。ナチュラルなベース・トーンからドライブ・サウンドまで幅広く対応する。

新たに搭載されたのが、エフェクト機能。コーラス、ディレイ、リバーブの3タイプをその組み合わせで全5バリエーションタイプから選択でき、それぞれ2つのパラメーターをエディット可能。本機だけでも思い通りのサウンドが楽しめる。

リズム機能はフル・リニューアル。9ジャンル×9バリエーションの計81種類と、さらに豊富なバリエーションを揃えた(前モデルは66種類)。選択できるジャンルは8 BEAT 1、8 BEAT 2、ACCENT、16 BEAT、6/8 BEAT、DANCE、HEAVY、SOFT、METRONOMEで、それぞれに9つのバリエーションを備える。これらのフレーズはすべて一から新規にプログラミング。ちょっとした演奏やトレーニングで最も使いやすい、スタンダードかつ王道のリズム・パターンに重点を置いて制作された。リズム・キープのガイドとして、リフのアイディア作りやジャム・セッションに、楽しくプレイできるバッキング・パターンが用意される。

ギター/ベース演奏に必要なさまざまな機能の搭載も見逃せない。E音専用チューナーやヘッドホン端子を搭載。外部音源を一緒に聴けるAUX IN端子は、音楽プレーヤーを接続すれば、好きなバンドの曲でジャム・セッションが楽しめる。また、単3乾電池6本で約20時間動作するのもうれしいところだ。両モデルともサイズは170(W)× 70(D)× 128(H)mm、重量は620g(電池含まず)。

製品情報
◆AC2 RhythmVOX
価格:7,500円(税別)
◆AC2 RhythmVOX Bass
価格:7,500円(税別)
発売日:2017年6月下旬

最終更新:5/22(月) 10:46
BARKS