ここから本文です

ハリー・スタイルズのソロ・デビュー作、全米でも初登場1位

5/22(月) 11:28配信

BARKS

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズのソロ・デビュー・アルバム『Harry Styles』が初登場で1位を獲得した。同作は今週、本国イギリスやオーストラリアでも1位を獲得している。

◆『Harry Styles』画像

アメリカでは19万3,000枚のアルバム・セールス(ストリーミング等を含むと23万ユニット)を上げ、1991年にNielsen Musicがカウントするようになって以来、UKの男性アーティストのフル・アルバムとしては、サム・スミスの『Lonely Hour』(16万6,000枚)を破り、最大の初週セールスを記録したそうだ。

2位には、カントリー・バンド、ザック・ブラウン・バンドの新作『Welcome Home』が初登場。3位は先週と変わらず、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』がキープした。

今週はこのほか、パラモアの4年ぶりの新作『After Laughter』が6位に、ラッパー、マシン・ガン・ケリーのサード・アルバム『Bloom』が8位にチャート・インしている。

Ako Suzuki

最終更新:5/22(月) 11:28
BARKS