ここから本文です

深夜ドラマ『怪獣倶楽部』 馬場ふみから追加キャスト発表

5/22(月) 9:43配信

オリコン

 MBS・TBSの深夜ドラマ枠「ドラマイズム」にて6月より放送される『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』のキャストが発表された。主人公・リョウタを演じるのは既報のとおり俳優の本郷奏多。リョウタの彼女・ユリコ役には、『non-no』専属モデルでグラビアアイドルの馬場ふみかが決定した。

【写真】本郷奏多、馬場ふみから役衣装のソロカットなど

 時は1970年代半ば、青春を“特撮番組に登場する怪獣の研究”に捧げた青年たちの物語。“怪獣倶楽部”とは空想特撮シリーズを愛し怪獣を様々な角度から研究し、怪獣の同人誌を発行するために、編集会議を行っていた実際に存在していた団体。本作ではそんな彼らに着想を得たドラマを円谷プロ協力のもと実現。ウルトラマン、ウルトラセブンでの実際の話数を徹底的に研究する、彼らのマニアックな編集会議を全4話でユニークに描く。

 怪獣倶楽部のメンバーの中で唯一の高校生メンバーでありながら、若さに反して、特撮への造詣は深く、リョウタの「怪獣倶楽部のエース」としてのアイデンティティーを脅かす存在となる“怪獣エリート”「カツオ」役に横浜流星。アツい性格で、人生のすべてを特撮に賭けていることを誇りに思っており、リョウタの評論を誰よりも評価しているが、同時に彼よりも良い評論を書くことに命を賭けている、リョウタのライバル「シンゴ」役に矢野聖人。

 倶楽部の良心というべき穏やかな性格で、白熱する議論で、彼の柔らかなコメントは一瞬の清涼剤。絵が抜群に上手く、怪獣のスケッチを担当する「ユウスケ」役に加藤諒。怪獣倶楽部ナンバー1であり、音楽の知識に長けている倶楽部のまとめ役、「ニシ」役に山口翔悟。

 怪獣倶楽部のナンバー2であり、気遣いもできるうえ、豊かで論理的な思考はメンバー達にも一目置かれている熱血の「ジョー」役に柄本時生。そして、怪獣倶楽部の編集長であり、『空想特撮シリーズ』の資料を幾つも持っている謎の存在。最上級のオタクであるリーダー「キャップ」役に塚地武雅。

 怪獣倶楽部の面々が集まり編集会議をしている喫茶店のマスター役に小松利昌。そして女っ気のない怪獣倶楽部のメンバー唯一の共通のアイドル、ウエイトレス役にゆるめるモ!のあの。店内で繰り広げられる熱い怪獣話に対して、冷ややかな視線を送るこの2人の毒っ気のある会話にも注目だ。

 リョウタの弟であり、兄の特撮愛を引いた目で見ているが、応援する気持ちも持っている「サトル」役で今川碧海が出演する。

 同ドラマでは、今では当たり前にできる、テレビ番組の録画機能がなかった時代に、どういう風に彼らは作品を自分のモノにし、どのように議論していたのか、そのワザも劇中で再現。怪獣倶楽部において、実際に放送された内容を議論するのも見どころとなっている。

 第1話は『ウルトラセブン』より「狙われた街」、第2話は『ウルトラセブン』より「セブン暗殺計画 前後編」、第3話は『ウルトラマン』より「さらばウルトラマン」、第4話は『ウルトラセブン』より「史上最大の侵略 前後編」をそれぞれ怪獣倶楽部のメンバーが独自の見解を交えながら熱く議論。劇中にもそれぞれの怪獣が登場する。ウルトラファンにとってはたまらない内容であるとともに、知らない世代が見ても彼らの熱く議論する姿が胸を打つ、青春ドラマを目指している。

■放送情報
MBS 6月4日スタート 毎週日曜 深0:50~
TBS 6月6日スタート 毎週火曜 深1:28~

最終更新:5/22(月) 9:43
オリコン

Yahoo!ニュースからのお知らせ