ここから本文です

小栗旬主演・実写『銀魂』 銀ちゃん&新八&神楽“凸凹トリオ”の場面写真公開

5/23(火) 11:00配信

オリコン

 俳優の小栗旬主演で空知英秋氏の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)の新たな場面写真が23日、ORICON NEWSに到着した。便利屋“万事屋銀ちゃん”を営む銀髪天然パーマのぐうたら侍・銀時(小栗)と、特徴の薄いメガネ男子・新八(菅田将暉)、宇宙最強の戦闘民族・夜兎族(やとぞく)の少女・神楽(橋本環奈)の3人の日常を写している。

【動画】映画『銀魂』WEB版予告映像

 作品の舞台は、宇宙からやってきた侵略者”天人(あまんと)”によって鎖国を解かれたパラレルワールドの江戸時代末期。万事屋への依頼は、飼い犬探しのような小さなことから時には命を賭けて街を救ったりとさまざま。出自の違う凸凹トリオが「万事屋」の看板のもとに家族のように一緒に暮らし、笑いあり、感動ありのドラマが繰り広げられる。

 メガホンをとった福田雄一監督らしさが満載で、劇中には著作権ギリギリのパロディーや、笑っているうちに思わずホロリと涙してしまうせりふ回し、そして怒涛のアクションが展開される。

 映画製作決定と同様に大きな注目を集めたのは、名を連ねる豪華キャストたちの顔ぶれ。豪華キャストが参加しているということだけで話題を呼んだのではなく、SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観のなか、原作で繰り広げられるギャグシーンをどこまでキャストたちがやってくれるのか原作・アニメファンから期待の声が寄せられ、その“ざわつき”は、幅広い世代・ジャンルへと広がりを見せている。

最終更新:5/24(水) 12:42
オリコン