ここから本文です

【映像】サウジへ武器売却で合意 米大統領初外遊で大型商談

5/22(月) 11:54配信

AP通信

(リアド サウジアラビア 5月20日 AP)― サウジアラビアを訪問中のドナルド・トランプ米大統領は20日、首都リアドでサルマン国王と会談し、両国の軍事及び経済的関係の強化を目指した12兆円規模の武器売買契約に署名した。

米国は今回の合意分を含め、今度10年間で39兆円の武器売却を目指すとしている。
アメリカはオバマ前政権時代、サウジへの武器売却計画を停止するなど軍事支援を制限していた。

両国はまた、防衛協力と投資案件でも合意に達し、この結果アメリカ国内の軍需産業で数万人規模の雇用が創出されることになる。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:5/22(月) 11:54
AP通信