ここから本文です

<北朝鮮写真報告>外国人が絶対に行 けない裏通りの女性たち(5) 核にもミサイルにも感心なし 女性たちは路地裏で大忙し(写真4枚)

5/22(月) 5:10配信

アジアプレス・ネットワーク

金正恩政権がミサイル発射実験を繰り返している。それをどう受け取っているのか、北朝鮮国内の知人や取材協力者に、しばしば感想や意見を訊くのだが、答えはいたって冷淡、無関心である。

【関連写真と動画を見る】「男性からきれいに見られたいものなんです」路地裏の女性たちが身だしなみに気を使う理由

「今や核大国になったと政府は誇らしげに宣伝していているけれど、暮らしが良くなるわけでもなく勝手にすればいいという感じ。核兵器やミサイルが周りで話題になることもない」(北部両江道の40代の女性)

「ミサイル発射のニュースをテレビで見ろと上から言われるが、停電続きで見ることもできない」(平壌市の30代の女性)

「暮らしがきついのに核やミサイルに大金使うことには、正直が腹が立つ。その金で人民にコメを配ればどれだけいいことか」(北部咸鏡北道の30代の女性)

金正恩時代になったこの5年間、女性たちから国と人民を守るために核兵器やミサイルが必要だという意見を聞いたことがない。庶民の女性たちの大半は毎日商売に出ているが、それは家族を守るため。毎日が闘いなのである。(石丸次郎)

←前かがみになって大きな背嚢を担いで進む年配の女性。2007年8月黄海北道の沙里院市にて撮影(アジアプレス)

←開場時間近づく市場に商品を運ぶ女性たち。2008年10月黄海南道海州市にて撮影シム・ウィチョン(アジアプレス)