ここから本文です

マカオ、17年第1四半期の犯罪件数5.1%増…カジノ関連犯罪の生活圏への波及なし

5/22(月) 18:30配信

マカオ新聞

 マカオ保安庁は5月22日、今年第1四半期(2017年1~3月期)の犯罪統計を発表。犯罪件数は前年の同じ時期から5.1%増の3502件だった。

 犯罪件数の増加要因として、偽造紙幣行使及び違令罪の大幅増が挙げられる。なお、市民生活に影響が及ぶ犯罪については、窃盗が7%、強盗が38%のそれぞれ減となった。このほか、振り込め詐欺事案が昨年同期の9件から22件に増えたことなどを受け、詐欺事案が29%増の219件に上った。

 ゲーミング(カジノ)関連犯罪については、監禁事案が18%増の105件、高利貸し事案が16%減の89件。いずれも大部分がカジノ内及びカジノ周辺で発生したものであり、生活圏には波及した形跡はないとした。また、ゲーミング産業に絡む黒社会(反社会集団)の異常な動きも見受けられないが、ゲーミング業界が生み出す利益は非常に大きいため、潜在的治安リスクとして今後の動きを注視する必要があるとした。

最終更新:5/22(月) 18:30
マカオ新聞