ここから本文です

【F1】マルドナド「今年F1に戻るチャンスがあったけど、僕の方から断った」と発言

5/22(月) 6:00配信

motorsport.com 日本版

 パストール・マルドナドは、2015年限りでF1シートを失ってしまった。しかし、今シーズンに向け、多くのチームと話をしていたという。特にニコ・ロズベルグが引退を発表した後は、大きな期待を抱いていたという。

【写真】2012年スペインGPでポール・トゥ・ウイン。”強さ”発揮したマルドナド

 しかしマルドナドは、魅力ある選択肢がなかったとして、カムバックすることを断念したと語る。

「僕には経験があり、今年レースシートを得て、F1に戻ってくるチャンスがあった」

 そうmotorsport.comに対して語った。

「もう少しでカムバックするところだったが、僕はしないことを決めた。僕が良い感触を持っていなかったり、良い形でそれができることが保証されていなければ、離れていた方が良い。だから、僕は断ったんだ」

 マルドナドは、母国ベネズエラのエネルギー会社PDVSAにより、年間4600万ドル(50億円以上)の支援を受けていた。しかしPDVSAとルノーの間で支払いに関する論争が起き、その結果マルドナドのシートを得る契約を破棄することになった。

 ベネズエラの経済不安により、マルドナドへの支援も疑問視されているが、マルドナド自身はそれが復帰の障害になることはないと主張する。

「それは非常に厳しい。景気には浮き沈みがあるから。そしてすぐに我々がこの状況から抜け出し、国が再び強くなることを望んでいる」

 そうマルドナドは語った。

「でも、僕はそれが重要だとは思わない。戻ってくることはまだ可能だし、それはスポンサーだけの問題ではない。僕は今は戻りたくないと思ったから、ここ(F1)にいないんだ」

 マルドナドは、”今は”F1に復帰することに積極的ではないという。しかし、戻ることは可能だと重ねて述べた。

「僕は人生には、F1よりも興味深いモノがあることを見つけた」

 そうマルドナドは言う。

「それは全てのことじゃない。でも、僕はそれを知らなかった。なぜなら、僕は人生をモータースポーツに捧げたからだ。だって僕は、6歳の頃に始めたんだからね」

「朝起きた時に”OK!”と決めたら、それがF1に戻ってくる良いタイミングだと思う」

 今年、何らかのレースをすることになるのかと尋ねられたマルドナドは、次のように語った。

「何かはするだろうけどね。でも、それが何かは分からない」

Lawrence Barretto