ここから本文です

20歳ズベレフ マスターズ初優勝、ジョコビッチにストレート勝ち<男子テニス>

5/22(月) 0:46配信

tennis365.net

BNLイタリア国際

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は21日、シングルス決勝戦が行われ、世界ランク17位で第16シードのA・ズベレフ(ドイツ)が同2位で第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 6-3のストレートで撃破し、20歳ながらマスターズ初優勝を果たした。

【錦織ら ジュネーヴOP対戦表】

この日、第1セットの第1ゲームからいきなりブレークに成功したズベレフは、ジョコビッチに1度もブレークチャンスを与えない試合を展開してこのセットを先取。

続く第2セットでもズベレフの勢いは止まらず、力強いストロークで圧倒。元王者のジョコビッチを寄せつけず、勝利を手にした。

ズベレフは今大会、1回戦で予選勝者のK・アンダーソン(南アフリカ)、2回戦で世界ランク36位のV・トロイキ(セルビア)、3回戦で同29位のF・フォニュイーニ(イタリア)、準々決勝で第5シードのM・ラオニッチ(カナダ)、準決勝で同24位のJ・イズナー(アメリカ)を下してマスターズ初の決勝進出を果たしていた。

今シーズンは、2月の南フランスオープン(フランス/モンペリエ、ハード、ATP250)と5月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)の2大会で優勝。前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では初のベスト8進出を果たしていた。

22日に発表される世界ランキングでは、自身初のトップ10入りとなる10位へ浮上する。

一方、ジョコビッチは大会5度目の優勝、さらにマスターズ歴代最多の31勝を狙っていたが、若手のズベレフに阻まれた。

tennis365.net

最終更新:5/22(月) 1:24
tennis365.net