ここから本文です

富山市ファミリーパークでのニホンライチョウが初産卵/富山

5/22(月) 9:25配信

チューリップテレビ

 ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパークは、20日、飼育中のメスが初めて卵を産んだと発表しました。
 卵の大きさは直径およそ4センチ。
 現在は37.6度に保たれた孵卵器(ふらんき)の中で大事に育てられています。

 富山市ファミリーパークでペアリングしたのは去年6月に長野県の乗鞍岳で卵を採取し飼育してきたオスとメスで今月13日から交尾が確認され20日、午後1時45分に飼育員が巣に卵があることを確認しました。
 富山市ファミリーパークで人工繁殖による産卵は初めてで、順当に成長すれば来月中旬にもふ化する見通しです。

チューリップテレビ