ここから本文です

ヒュー・ジャックマンは皇太子殿下と映画鑑賞!? 食も文化も大好きな“親日家”スターたち

5/22(月) 7:10配信

dmenu映画

海外の大物スターの中には、親日家がたくさん存在します。

『マトリックス』シリーズで一世風靡したキアヌ・リーヴスは、味噌ラーメンと帝国ホテルがお気に入りだと公言していますし、2006年から“缶コーヒーBOSS”のCMに出演し続けているトミー・リー・ジョーンズは普段、歌舞伎や能を好んで鑑賞します。

【画像】トム・クルーズのタキシード姿

ここでは、そんな日本通セレブリティの中でも、特に顕著な日本愛を一貫して示してきた4人のハリウッドスターをご紹介致します。数々の感動的なエピソードを知るうちに、自然と彼らのファンになってしまうかも。

日本に“お母さん”がいるトム・クルーズ

映画のキャンペーンだけでも20回以上来日しているトム・クルーズ。新幹線を貸し切ってファンの集いを開催したり、東日本大震災で被災された方々を試写会に招いて熱く励ましたり、日本全国のファンに心を寄せてきました。

2015年夏に行われた『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015年)のジャパンプレミアでは、気温30度を超える炎天下の新宿で、およそ2時間のファンサービス。周囲が心配するほど真っ赤に日焼けしてしまったようですが、「新聞配達をしていたことがあるから暑いのは平気だよ」と終始笑顔を見せていたそうです。

またトムは、翻訳家で通訳の戸田奈津子さんを「日本のお母さん」と慕い、のし付きのお歳暮や新年のご挨拶を贈るのだとか。戸田さんの誕生日には、長文メッセージ入りのケーキや豪華なお花を手配することも。なんとトムと戸田さんは同じ7月3日生まれ。二人は濃い不思議な縁で結ばれ合っているのかもしれません。

豊ノ島ファンのミラ・ジョヴォヴィッチ

日本の人気ゲームを題材にした映画『バイオハザード』シリーズで主演をつとめ、オンワードやパナソニックなど名だたる日本企業のCMに多数出演してきたミラ・ジョヴォヴィッチ。

フジテレビ系列「トリビアの泉」にVTR出演した際は、オナラをごまかした後に日本語で名前を答えるという驚きの役どころまでこなしてくれました。

来日した際は家族で原宿や秋葉原を散策したり、渋谷109で買い物したりするとか。日本人女性のファッションは「クラシックであってもキュート。バランスが良い」と称賛しています。さらにミラは大の好角家で、特に豊ノ島大樹がお気に入り。彼のことは親しみを込めて「ダイキ」と呼びます。最近では共演したローラのことを「彼女は女優として素晴らしい」と称え、日本人タレントのハリウッドでの活躍の可能性を世に広く知らしめてくれました。

1/2ページ

最終更新:5/22(月) 7:10
dmenu映画

Yahoo!ニュースからのお知らせ