ここから本文です

少年、パトカーから逃走中にひき逃げ 容疑で逮捕 /山武

5/22(月) 11:34配信

千葉日報オンライン

 千葉県警山武署は21日、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで八街市、自称会社員の少年(17)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前1時25分ごろ、山武市姫島の市道でオートバイを運転中、歩いていた会社員男性(32)=同市=をはね、けがを負わせて逃走した疑い。男性は左足のすねの骨を折る重傷で、市内の病院に搬送された。

 同署によると、少年は4~5人でオートバイで集まり、騒音の苦情を受け駆け付けたパトカーから逃走中に男性をはねた。少年は同署員が男性を救護中に事故現場に戻り、逮捕された。パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らさず追跡を行っていた。少年は容疑を認めているという。

 同署の吉岡一久副署長は「追跡行為は適正だった」とコメントした。