ここから本文です

予測不可能な恋の行方に観客大満足。『ピーチガール』満足度ランク首位

5/22(月) 18:00配信

ぴあ映画生活

ぴあ調査による2017年5月19日、20日のぴあ映画初日満足度ランキングは、上田美和の人気漫画を、山本美月とHey!Say!JUMPの伊野尾慧のダブル主演で映画化した『ピーチガール』が第1位になった。劇場には原作のファン、キャストのファンの姿が多く見られたが、上映後の調査では他の学園ものや、ラブストーリーにはない魅力を感じた観客が多かったようだ。

『ピーチガール』その他写真

出口調査では、特に10代・20代の女性客から高い満足度を集めており、「山本美月と伊野尾慧の演技が初々しかった!」、「伊野尾くんがポジティブなキャラで、一緒にいると幸せだろうなと思った」、「永野芽郁が表情豊かでとても可愛かった」「短いスパンで事件が発生してドキドキした」「胸キュンシーンが多かった!」など、キャストやストーリーを評価する声が多くあがった。

また、出口調査では“意外”や“予測できなかった”というフレーズが多くあがった。本作は、超純粋なのに派手な外見から誤解されやすい高校生・もも(山本)を中心に、さわやかだけど不器用なとーじ(真剣佑)、チャラく見えるが実は真面目なカイリ(伊野尾)、可愛い見た目で悪魔キャラの沙絵(永野)が繰り広げる恋と友情を描いた作品で、表向きのイメージと内面が異なるのが魅力だ。

出口調査でも「それぞれの考えが読めないので、ラストまで誰と誰が付き合うのかわからなかった」「ここまで予測できない展開は、他の学園恋愛ものではあまりみたことがない」「周りで観ている女子の反応が、自分の思ったタイミングと違って楽しかった」など、4人の恋の結末が予測できないまま、ラストまで心地よく翻弄された観客が多かったようで、“定番の設定”と“意外な展開”の組み合わせが、高い満足度につながったようだ。

(本ランキングは、5/19(金)、5/20(土)に公開された新作映画11本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

最終更新:5/22(月) 18:00
ぴあ映画生活