ここから本文です

がん患者「働かなくていい」 自民”ヤジ将軍”の弁明と過去の発言録

5/22(月) 11:26配信

BuzzFeed Japan

受動喫煙防止策について議論した自民党厚生労働部会の席上で、「(がん患者は)働かなくていい」とヤジが飛んだ問題。
この発言をしたのは自民党の大西英男衆院議員だったと、民放各社が報じた。【BuzzFeed Japan / 岩永直子】

各社が入手したという音源によると、大西議員は、職場で受動喫煙にさらされるがん患者の苦痛を訴えた三原じゅん子参院議員の発言にかぶせるように、「(がん患者)は働かなくていいんだよ」と発言。

三原議員がすぐさま「がん患者にはそういう(働く)権利がないんですか」と質すと、「そういうこと言ってないでしょ」と返している。

大西議員も自身の公式ブログで弁明

この報道に対し、大西議員は5月21日、自身の公式ブログで「受動喫煙対策に関する私の考え方と5月15日の厚生労働部会について」とする見解を表明。

”「(がん患者は)働かなければいい」という趣旨で発言を私は行っておらず、仮に三原議員がそのように受け取られたとしても、私自身がそういう趣旨で行った発言ではないことはその後すぐに「そういうことは言ってないでしょ」と反論していることからも明らかです。”

”私がご指摘のような趣旨で、「(がん患者は)働かなければいい」と発言をしたことは絶対にありません。今回、私の発言が誤解を招き、混乱を呼んだことは私の不徳の致すところです。”

こう述べているが、どういう趣旨で発言したのかは不明だ。

過去にも失言を繰り返し、党から厳重注意処分も

大西議員は屋内原則禁煙の厚生労働省案に反対する「自民党たばこ議員連盟」のメンバー。喫煙、禁煙などの表示をすれば飲食店内での喫煙も可能とする自民党案の支持を表明している。

また、大西議員は過去にも、失言を繰り返していることで有名で、2015年6月には安保関連法案に批判的なマスコミについて、「マスコミを懲らしめるには、広告料収入が無くなるのが一番」と報道の自由を軽視する発言で、党から厳重注意処分を受けた。

さらに、14年7月には人口減対策について質疑中の上西小百合議員に対し、「子供を産まないと駄目だ」とヤジを飛ばし、謝罪。昨年3月には、自民党の公認候補への支援を依頼した巫女が、「自民党は好きではない」と発言したことを紹介しながら、「巫女のくせになんだと思った」などと女性蔑視とも取れる発言を繰り返し、批判が集まっていた。

今回の「(がん患者は)働かなくていい」発言について、BuzzFeed Newsは大西議員に18日から取材を申し込んでいるが、未だ回答はない。回答があり次第、報道する。

岩永直子

最終更新:5/22(月) 11:26
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ