ここから本文です

晴れの日を有効活用。梅雨入り前にやれば時間やお金のムダも省ける家事4つ。

5/22(月) 12:01配信

マネーの達人

春はさわやかな気候で気持ちのいい日が多いですが、6月初旬になると梅雨に入ります。

梅雨になると洗濯物が乾きにくくなったり、湿度が高いため雑菌やニオイが気になったりカビが発生したりと、なにかと家事に手間がかかるようになります。

今回は、できるだけ時間やお金のムダが出ないよう梅雨前にやっておきたいことをご紹介します。

1.洗濯機の掃除

洗濯槽クリーナー、定期的に使っていますか?

1~3か月に一回の頻度で手入れするといいそうですが、1年ほどサボって久しぶりに洗浄すると、ワカメのような黒カビが取れて悲鳴をあげることになります!

毎日使っている洗濯機ですが、実は洗濯槽の裏側など見えないところに黒カビが発生しやすいんですよね。

表からは見えませんが、放置しておくとそのうち洗濯物に汚れが付着するようになります。そうなってしまうと何度も洗いなおさないといけないので時間がかかり、洗剤や水道代がムダになります。

梅雨の時期にカビが一気に増殖するおそれがあるので、梅雨前には一度洗濯槽クリーナーでキレイにしておきましょう。

市販品には塩素系と酵素系がありますが、ニオイもしっかり取れる酵素系がおすすめです。

2.冬物の洗濯や厚地・大物の洗濯

おしゃれ着用洗剤で少しずつ洗濯しようと思っているつもりの冬物ニットなどが残っていませんか?

ニット類は陰干ししないといけないので、カラッと晴れた日に洗いたいもの。

梅雨時にはなかなか洗濯できるチャンスが訪れないのでうっかりすると夏に持ち越してしまうかもしれません。

ぜひ梅雨入り前に洗濯を終えてきれいにしまい、次のシーズンに気持ちよく着られるようにしておきましょう。

・ カーテン
・ マット
・ ぬいぐるみ

などの厚いもの・大きいものも梅雨入り前に洗うとさっぱりします。

除菌・消臭スプレーでは汚れまでは落ちませんので、年に数回は洗濯しましょう。きれいになると、しばらくはスプレーの消費が抑えられます。

1/2ページ

最終更新:5/22(月) 12:01
マネーの達人