ここから本文です

ドイツ人客が「ドイツの香りがする」と評価したドイツ製法ハム・ソーセージ専門店

5/22(月) 12:30配信

TOKYO FM+

東京に住む人たちの声を聴きながら、パーソナリティの堀内貴之が今を切り取るテーマをリスナーと共に考えていくラジオプログラム、TOKYO FM「シンクロのシティ」。番組内のコーナー「東京地元めし」では「東京にある隠れた名店」をご紹介しています。といっても単なる名店ではありません。ここでご紹介するのはリスナーのみなさんが推薦してくれた「自分が通っているイチオシのお店」。レポーターの安竜うららが味わいのある名店に伺い、美味しいだけじゃない人気の秘密を探ります。

今回伺ったのは、桜新町にある、ドイツ製法ハム・ソーセージ専門店「ファインシュメッカー サイトウ」。

リスナーの方からこんな推薦メッセージを頂きました。
「そろそろ、屋外でBBQをするのに最高の季節ですね。そんなときに、ちょっと変わったものを持っていきたいな、なんて思っている方にオススメの商品があるのが、桜新町にあるファインシュメッカー サイトウさんです。店内には、カウンターいっぱいに並んだハムやソーセージ類とイートインスペースがあり、お散歩のついでにドイツビールやワインとともに、腸詰めやソーセージを味わうことができます。お酒大好き人間の私にとって、どれも美味しそうで、買いに行くとついつい買いすぎてしまうのですが、一番にオススメするのは南ドイツ名物の“フライシュケーゼ”です。四角くて大きなソーセージのフライシュケーゼは、とてもスパイスの効いているミートローフ、と言えばわかりやすいでしょうか。家でフライパンで普通に焼いてもそれだけで美味しいので、屋外でBBQのときに食べたら、さらに美味しいこと間違いなし!」(ラジオネーム:まこぴーさん)

桜新町の駅から歩いて5、6分。レンガ調の外壁に、ドイツの国旗がパタパタ揺れているのが「ファインシュメッカー サイトウ」です。中に入るとショーケースに色々な種類のドイツ製ソーセージが。だいたい20~30種類常備されているそうです。

1/2ページ

最終更新:5/22(月) 12:30
TOKYO FM+