ここから本文です

ベッキー「麦粒腫になってしまった!」完治まであと少し

5/22(月) 6:39配信

MusicVoice

 歌手でタレントのベッキー(33)が20日にインスタグラムで、麦粒腫を患ったことを報告。アイシャドーやアイプチで工夫しながらテレビ収録したことを伝えた。

 麦粒腫とは一般的に“ものもらい”として知られる。ベッキーは「麦粒腫になってしまった!」と冒頭に書き出してメッセージを寄せた。

 ベッキーは「右目が腫れて、痛みがあり、眼科へ。眼科なんてきっと10年ぶり。飛び込みで診てもらい、麦粒腫との診断。なんともオーガニック感のある病名。なんなら、カラダに良さそうな病名!」などと驚きをもって受け止めたようだ。

 医師から「『できればメイクしないでいただきたいんですが…』と言われた」とのことで、「眼鏡でテレビ収録をすることに。眼鏡をかけたとて、左右の目の見え方が違ったので、私、がんばりました」と報告。

 さらに、「右目の腫れに合わせて左目にピンクのアイシャドーを塗り、アイプチで、二重の幅を出し、左右対称にしました。言っちゃいけないけど、その時間は楽しかったです」と工夫しながら番組収録を乗り切ったようだ。

 ベッキーは「完治まであと少し! ピンクのキャップの目薬で治します!」とも伝え、ファンの心配の声に気遣いを見せている。

最終更新:5/22(月) 6:39
MusicVoice