ここから本文です

東成鋼管、銅・ニッケル異形棒引抜加工を本格展開

5/22(月) 13:53配信

日刊産業新聞

 鋼管流通や超精密金属管の製造などを手掛ける東成鋼管(本社=東京都中央区、岡部耕喜社長)はこのほど、銅やニッケルを素材とした異形棒の引抜加工事業を本格的に開始した。小ロットの発注でも対応できることが特長として挙げられる。事業の付加価値を高め、多様化する需要家サイドのニーズを的確に捕捉していく。

最終更新:5/22(月) 13:53
日刊産業新聞