ここから本文です

【MLB】青木宣親、4タコで10打席連続無安打 日米2000安打へ「11」で足踏み続く

5/22(月) 8:09配信

Full-Count

4試合連続ノーヒットで打率.250に、アストロズは敗戦

 アストロズの青木宣親外野手は21日(日本時間22日)、本拠地でのインディアンス戦に「9番・左翼」で出場し、4打数無安打に終わった。4試合連続、10打席連続無安打で打率.250。アストロズは6-8で敗れた。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 青木は3回1死走者なしで投ゴロに倒れると、5回先頭ではフルカウントから空振り三振、7回2死走者なしでは二飛。アストロズは5点を追う9回にゴンザレスの2ラン、ブレグマンのソロと2者連続弾で追い上げたが、続く青木が粘った末に8球目で空振り三振に倒れて試合終了となった。

 これで16日(同17日)のマーリンズでヒットを打ってから4試合連続無安打、10打席連続無安打。日米通算2000安打まで残り11本の状態で足踏みが続いている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/22(月) 8:09
Full-Count