ここから本文です

音声コマンドがアイスランド語を絶滅させる? 政治家、専門家も懸念

5/22(月) 17:40配信

ギズモード・ジャパン

テクノロジーはみんな英語になっちゃってて。

北欧の島国・アイスランドは、小国ながらもテクノロジーに関してはつねに先進的な位置を占めてきました。データプライバシーに関しては世界でもつねに上位に付け、直接民主主義や情報公開を重視する海賊党が政府内でかなりの勢力を持ち、Wikileaksもアイスランドから始まりました。でもアイスランドでは今、テクノロジーが彼ら独自の言語を絶滅させてしまうのではないかという危惧が広がりつつあります。

アイスランド語は、中世の古ノルド語からほとんど変化していないと言われるユニークな言語です。たとえば「Hundslappadrifa」というひとつの単語が、「穏やかな風の中を降る大粒の雪」を表していて、風土に根ざした独自の豊かさを感じさせます。でもその言語への対応は、音声認識デバイスやそのソフトウェアのデベロッパーにとって優先順位が高いとは言えません。たとえばAppleのSiriは地域別の英語なども含めると41言語に対応していますが、そこにはアイスランド語は含まれていません。

またアイスランドでは、2000年代にかけて金融産業が成長してきましたが、その急速な拡大がかえって仇となり、2008年の金融危機では大手銀行すべてが国有化される異常事態となりました。その後、アイスランド政府は同じことを繰り返さないよう大胆な改革を行ない、新たな経済のあり方を模索しています。その中で観光産業は安定した収入源となっていて、サービス業が経済の74%を占めています。アイスランドへの旅行者数は、2017年には人口の7倍にも達するという予測すらあるのです。それは経済とか文化交流という意味では良いことなんですが、社会が観光中心になることで、ほとんどの人が英語が話せるアイスランド人にとっては、アイスランド語より英語のほうが便利になりつつあるのです。

元大統領のヴィグディス・フィンボガドゥティル氏はAssociated Press Newsに対し、テクノロジー製品がアイスランド語に対応するよう、アイスランドとして策を講じるべきだと言っています。「そうでなければ、アイスランド語はラテン語と同じことになる」と危機感をあらわにしています。

アイスランドの教育・科学・文化省は、デベロッパーのアイスランド語対応を支援するためのオープンなデータベース開発に880万ドル(約9.8億円)かかると試算しています。って、それくらいならシリコンバレーの億万長者に頼んだらすぐ出してくれないんでしょうか?

アイスランド語は、シリコンバレーにとっては単なるオプションのひとつに過ぎなくても、アイスランドにとっては無二の文化であり、将来の人口をつなぎとめるかすがいでもあります。アイスランド大学の言語学教授 Eirikur Rognvaldsson氏はAssociated Press Newsに対し、「予備的研究では、(アイスランドの)第一言語習得段階の子どもが、将来の強い基盤とできるほどアイスランド語に触れなくなりつつあることを示している」といいます。アイスランドの人口は、わずか33万人ほどに過ぎません。アイスランド大学の経済学教授 Asgeir Jonsson氏は、たとえばイギリスの同規模の町では科学者や芸術家がアイスランドより少ないと指摘しています。つまり独自の言語がなければ、若い人たちがより大きな都市へと流出してしまうのではないかと懸念されているんです。

現在のアイスランドは、人権に関する考え方も進んでいるし、世界イノベーション指数でも13位に付けています(日本は16位)。でもJonsson氏は、こう警告します。「音声操作の冷蔵庫や対話ロボットなどのデバイスにアイスランド語で話しかけられなければ、そこは失われた地となるでしょう」…って、別に冷蔵庫と会話できなくてもいいとは思いますが、おっしゃることはわかる気がします。

image: lassedesignen / Shutterstock.com
source: Associated Press
reference: How Julian Assange and WikiLeaks Changed the World - The New Yorker, アイスランド語 - Wikipedia, Apple, The New York Times, IoT | ソリューション&まとめ

Rhett Jones - Gizmodo US[原文]
(福田ミホ)