ここから本文です

U14は有本響と森岡きらら、U12は眞田将吾と虫賀心央が優勝 [全国選抜ジュニアテニス]

5/22(月) 9:00配信

THE TENNIS DAILY

「DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会 兼 ワールドジュニアテニス世界大会 代表選考会」(千葉県・吉田記念テニス研修センター/5月18~21日/ハードコート)は大会最終日を迎え、14歳以下と12歳以下の男女シングルス決勝などが行われた。

日本は中国に0-2で敗れて準優勝 [ワールドジュニアU14 アジア・オセアニア最終予選/男子]

 14歳以下の男子シングルス決勝は第5シードの有本響(関東/桜田倶楽部)が第6シードの中村健太(関東/志津TC)を3-6 6-3 6-0で、女子シングルス決勝は第3シードの森岡きらら(関西/奈良国際TC)が第1シードの松田絵理香(関東/SSAレニックス)を6-4 6-4で下して優勝を飾った。

 ノーシード対決となった12歳以下の男子シングルス決勝は眞田将吾(東海/三重グリーンTC)が大岐優斗(九州/シーガイアTA)を6-1 6-0で、女子シングルス決勝は第3シードの虫賀心央(東海/TENNISPRO.CO.JP)が第2シードの虫賀愛央(東海/TENNISPRO.CO.JP)を5-7 6-2 6-2で下してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

<14才以下>

【男子シングルス決勝】

○8有本響(関東/桜田倶楽部)[5] 3-6 6-3 6-0 ●25中村健太(関東/志津TC)[6]

------------

【男子シングルス・3位決定戦】

○9磯村志(中国/やすいそ庭球部)[3/WC] 6-4 6-3 ●24井上玄意(東海/ニックインドアテニスカレッジ)[4]

--------------------

【女子シングルス決勝】

○24森岡きらら(関西/奈良国際TC)[3] 6-4 6-4 ●1松田絵理香(関東/SSAレニックス)[1/WC]

------------

【女子シングルス・3位決定戦】

○9長谷川愛依(東海/木曽川ローンTC)[4/WC] 6-1 6-3 ●32池田涼子(関東/たちかわJrTA)[2]

--------------------

<12才以下>

【男子シングルス決勝】

○4眞田将吾(東海/三重グリーンTC)6-1 6-0 ●30大岐優斗(九州/シーガイアTA)

------------

【男子シングルス・3位決定戦】

○19渡邉拓己(関西/WATS)6-4 6-0 ●16坂本健英(関東/荏原SSC)[7]

--------------------

【女子シングルス決勝】

○9虫賀心央(東海/TENNISPRO.CO.JP)[3] 5-7 6-2 6-2 ●32虫賀愛央(東海/TENNISPRO.CO.JP)[2]

------------

【女子シングルス・3位決定戦】

○23丸山麗菜(関東/Team YUKA)6-2 6-1 ●8松本多恵(関東/高崎TC)[5]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5/22(月) 12:04
THE TENNIS DAILY