ここから本文です

22日開幕 全仏OP予選、日本男子は5選手が出場<男子テニス>

5/22(月) 10:36配信

tennis365.net

全仏オープン

28日から開幕するテニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は22日、男子予選の組み合わせが発表され、日本勢からはダニエル太郎、サンティラン晶、内山靖崇、伊藤竜馬、守屋宏紀の5選手が本戦出場をかけて挑む。

【錦織ら ジュネーヴOP対戦表】

予選は3試合勝ち抜くと、本戦への出場権を手にすることが出来る。

予選第4シードのダニエル太郎と守屋は、予選1回戦で対戦する組み合わせとなった。両者は、昨年の兵庫ノア・チャレンジャー(日本/兵庫、室内ハード)1回戦で1度だけ顔を合わせており、その時は守屋がストレートで勝利している。

ダニエル太郎は、2015年に予選3試合を勝ち抜いて初の本戦入り。昨年は本戦ストレートインを果たし、1回戦でM・クリザン(スロバキア)の途中棄権により初戦を突破した。

世界ランク179位の内山はD・ヒメノ=トラベール(スペイン)、同172位のサンティラン晶はM・マクドナルド(アメリカ)、同173位の伊藤は予選16シードのP・H・マチュー(フランス)と予選1回戦で対戦する。

tennis365.net

最終更新:5/22(月) 10:36
tennis365.net