ここから本文です

優雅に宇宙旅行がしたい? 諦めてください。宇宙旅行はただの筋トレ合宿です

5/22(月) 18:10配信

ギズモード・ジャパン

宇宙で成果のない筋トレに励もう!

無重力の宇宙空間に長く滞在していると、身体能力が著しく低下することはよく知られていますよね。Journal of Applied Physiology(PDF)で発表されたカンザス州立大学の最新の研究結果でも、宇宙飛行士の運動能力は30~50%も低下することが報告されています。低重力の環境下では我々の心臓や毛細血管が筋肉へ送られる酸素をより多く使ってしまうのが大きな理由の一つです。

では筋力低下を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか? 簡単です。あなたも知っています。そう、ただひたすらトレーニングあるのみ! どれだけ技術が進歩しても、これだけは原始的な方法しかないんですよ。

NASAの宇宙飛行士たちも日々、NASAによってデザインされた有酸素運動、筋力トレーニングに励んでいます。週に4~6回はエアロバイク、もしくはランニングマシンによる有酸素運動。さらに週6回の筋力トレーニングが課されています。ほぼ毎日です。

それでも残念ながら宇宙飛行士の運動能力は低下してしまいます。宇宙での運動能力低下の研究を行なったCarl Adeさんによれば、最大酸素摂取量は20~50%も低下し、運動能力を元に戻すには地球に帰還してから約3カ月ほどかかるそう。NASAによって綿密に組み立てられたトレーニングメニューを勤勉にこなした結果でこの低下率。もし何も対策せずダラダラと無重力下で過ごした場合、どんな悲惨な結末が待っているか予想できますよね?

運動能力低下問題は、NASAやイーロンマスクなどが進める火星移住計画にも大きな影響があります。火星に着くまでの長い無重力生活で乗組員の身体能力は低下し、着いたときにはヘロヘロで、火星の重力下では肉体労働なんて一切できない状態になるってこともありえます。火星への道のりはハードなトレーニングの日々となりそうです。

ということで将来バカンスで優雅に宇宙旅行にでも、と考えるのは非常に甘い考え。旅行というよりも、ハードな部活の合宿のようになるでしょう。しかもいくら頑張っても成果はありません。筋力低下を抑えるだけですから。ダイエットしたい人には宇宙旅行が最高かもしれません。

image: NASA
source: Journal of Applied Physiology

George Dvorsky - Gizmodo US[原文]
(Shun)