ここから本文です

ジョコビッチ マスターズ歴代最多31勝目ならず、全仏OPにはアガシが帯同<男子テニス>

5/22(月) 12:42配信

tennis365.net

BNLイタリア国際

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は21日、シングルス決勝が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第16シードのA・ズベレフ(ドイツ)に3-6, 4-6のストレートで敗れて2年ぶり5度目の優勝を逃し、マスターズ歴代最多の31勝目をあげることは出来なかった。

【錦織ら ジュネーヴOP対戦表】

準決勝では、好調のD・ティエム(オーストリア)を一蹴し、復活の兆しを見せたジョコビッチだったが、この日は試合序盤から精彩を欠いた。ズベレフに7本のサービスエースを決められ、1度もブレークポイントを握ることが出来ず1時間21分で敗退となった。

29歳のジョコビッチは、2003年にプロ転向を果たしてからマスターズで30度のタイトルを獲得。単独でマスターズ歴代最多優勝記録を保持していたが、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)でR・ナダル(スペイン)が優勝を飾ったことにより、30勝のマスターズ歴代最多優勝記録に並ばれていた。

BNLイタリア国際には今年で11年連続の出場で、過去には4度のタイトルを獲得している。今年で4年連続の決勝進出だったが、惜しくもタイトル獲得とはならなかった。

また、決勝後の記者会見では四大大会で8度の優勝を誇る元世界ランク1位のA・アガシ(アメリカ)を新コーチとして招き入れたことを発表。28日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)から帯同することを明かした。

tennis365.net

最終更新:5/22(月) 12:42
tennis365.net