ここから本文です

水素ステーション整備 トヨタなど11社協業

5/22(月) 14:01配信

日刊産業新聞

 トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、豊田通商など11社は19日、燃料電池自動車(FCV)向け水素ステーションの本格整備に向け、協業に関する覚書を締結したと発表した。

「水素・燃料電池戦略ロードマップ」で官民目標として定めた2020年度までに水素ステーションを160カ所整備することや、FCVの4万台普及などを踏まえ、11社でオールジャパン体制で取り組むことを決めたもの。

最終更新:5/22(月) 14:01
日刊産業新聞