ここから本文です

スビトリーナがキャリア最大のタイトル獲得 [ローマ/女子テニス]

5/22(月) 19:01配信

THE TENNIS DAILY

 イタリア・ローマで開催されている「BNL イタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/5月15~21日/賞金総額307万6495ユーロ/クレーコート)の女子シングルス決勝で、第8シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を4-6 7-5 6-1で倒すことにより、シーズンのランキング・レースで首位に浮上した。

スビトリーナがハレプを下して今季4勝目、ダブルスはチャン・ユンジャン/ヒンギスが2週連続優勝 [BNL イタリア国際]

 それはスビトリーナにとって、ツアー最高の今年4番目のタイトルであり、彼女のキャリアでもっとも大きなトロフィでもあった。22歳のスビトリーナはまた、今季31勝目を挙げ、勝利数でもツアーのトップに立った。

「毎日、メンタル、フィジカル、テニスに磨きをかけるよう努力しているわ」とスビトリーナ。「そのすべてがうまく合わさって成果を生み、いい成績を生んだ。それがこんなに大きな大会で起きたことをうれしく思う」。

 世界4位のハレプは、試合の手綱をその手に握り、第1セット5-2からサービスに入ったが、フォロ・イタリコのスタジアム・コートにあった、小さな穴らしきものの上でスライディングした最中に、右足首をひねってしまった。

 ハレプは、結果的に第1セットを取ることはできたものの、2度にわたりトレーナーを呼んで足首の治療をしなければならず、試合が進むにつれ、ショットに追いつけなくなっていった。

「第3セットに関しては、お詫びを言うわ」とハレプは観客に向かって言った。「私にとって戦い抜くのが難しくなってしまったけれど、エリナは素晴らしいプレーをした」。

 ハレプはマドリッドに続き、クレーの大会において2週連続で決勝に進出していた。

 スビトリーナもまた、第2セットの途中に左脚の問題らしきもののため、治療を受ける必要があった。

「私もシモナも体の問題で苦労しているから、お互いに早く回復できるよう祈るわ」とスビトリーナは言った。

 最初の2セットは長く、双方の選手が相手のミスを待っているような、緊迫したベースラインでのラリーが多くあった。スビトリーナはそのことを振り返り、「最初の2セットは本当に厳しかった。すべてが終わって本当にうれしいわ」と笑顔を見せた。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: ROME, ITALY - MAY 21: Elina Svitolina of Ukraine celebrates after winning the WTA Singles Final match against Simona Halep of Romania during The Internazionali BNL d'Italia 2017 - Day Eight at Foro Italico on May 21, 2017 in Rome, Italy. (Photo by Giuseppe Bellini/Getty Images)

最終更新:5/23(火) 1:33
THE TENNIS DAILY