ここから本文です

UEL出場へ導いた“ミラン10番”を名指しで絶賛! ロマニョーリ「ホンダたちのおかげで勝てた」

5/22(月) 17:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ミランに貴重な置き土産をした本田

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは21日、セリエA第37節でボーロニャをホームへ迎え入れた。

[動画]本田が見せた“ミラン10番”の意地! ミランをUEL出場へ導いたFK弾

ミランにとって今季ホーム最終戦となった試合は、なかなかゴールを奪えず苦しい展開が続く。しかし、ジェラール・デウロフェウの先制弾を皮切りに、本田がFKを直接沈めて待望の今季初ゴールをゲット。さらに、ジャンルカ・ラパドゥーラが後半アディショナルタイムにダメ押しゴールを決め、3-0でミランがボローニャを撃破している。

この結果、前日に行われた試合で7位フィオレンティーナがナポリに敗れていたため、ミランの6位が決定。プレイオフからの出場ではあるものの、ミランがイタリア最後の欧州行きチケットを勝ち取った。

試合後、フル出場を果たしたアレッシオ・ロマニョーリがボローニャ戦を次のように振り返った。クラブの公式サイトなどが伝えている。

「僕は初めて欧州の舞台でプレイできることになったよ。みんながよくやっていたと思う。目標を達成できたからね」と喜びを述べた上で「今日もタフな試合だったね。でも、ホンダとマティ・フェルナンデスのおかげで勝つことができた。僕たちは素晴らしいチーム。十分な出場機会を得られていないかもしれないけど、ケイスケが結果を残しそれを証明した。彼のゴールは僕も本当に嬉しいよ」とコメント。最後の最後でミラン10番の意地を見せた本田を名指しで絶賛した。

今季もミランは欧州最高峰のチャンピオンズリーグ出場は程遠く、最高とまでは言いがたいが「チームをヨーロッパリーグ(UEL)へ出場させる」という貴重な置き土産をした本田。ロマニョーリにとって、本田はいつまでも心に残る選手になったかもしれない。今季で同クラブとの契約が満了を迎え、退団濃厚とされているが、これをきっかけに新天地で是非とも復活を遂げてもらいたいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/