ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、粘って日本人5位タイ51勝目「いい投球しようと力んで…」

5/22(月) 14:37配信

Full-Count

5回105球も2失点の粘投、立ち上がりは「ブルペンですごくよかったので…」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は21日(日本時間22日)、敵地でのタイガース戦で5回までに105球を要す苦しい投球ながら5安打7奪三振4四球で2失点と粘り、今季5勝目(2敗)を挙げた。大家友和に並んで日本人5位タイとなるメジャー通算51勝目(32敗)をマーク。2回までに56球を投げながら、3回以降は無失点に抑え、「修正できた」と手応えを明かした。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ダルビッシュは初回に1点の援護をもらいながら、元同僚キンズラーに先頭打者弾を浴びて同点。その後も制球が定まらず、1死満塁とされながら、カステラノスの三塁線へのボテボテの投ゴロを華麗なフィールディングでさばき、体勢を崩しながら本塁へ送って2アウト。コリンズは右飛に仕留め、初回だけで31球を要しながら同点で食い止めた。

「ブルペンですごくよかったので、ちょっと抑えてやろうと、いいピッチングしようとして力んだ感じはします」

 直後の2回に再び1点のリードをもらうも、2四球で2死一、二塁とし、強打者カブレラには低めの速球をセンター前に運ばれて同点。2回までに球数は56球となった。しかし、3回は3者凡退。4回は2死一、二塁のピンチでカブレラを二ゴロに仕留めると、ナポリのソロ弾でレンジャーズが三たび勝ち越した直後の5回も相手に粘られて20球を投げながら3者凡退に仕留め、マウンドを降りた。

「見直して、自分で修正できたのが、自分もチームも勝てた要因」

 4回のピンチでカブレラを迎えた場面は「その前の打席でも打たれてますし、何とか抑えなきゃというのはありましたけど、最悪歩かせても大丈夫という気持ちではいました」と振り返ったダルビッシュ。メジャー屈指の強打者を3打席目でしっかりと抑えた。「3回からは、最初の2回を見直して、自分で修正できたのが、自分もチームも勝てた要因だったかなと思います」。苦しみながらもチームを勝利に導き、さらに自身4連勝を飾ったことに手応えを示した。

 初回、2回と崩れそうになりながら最少失点で粘ったことも大きかった。走者を得点圏に置いた場面では、球団記録を更新する36打数連続無安打を記録するなど、今季はピンチでの粘りが光るダルビッシュ。「もう1つのギアがあるのか」と聞かれると「特にそういう意識はないですかけど、もちろん点は与えたくないので、ちゃんと考えながら慎重に投げてるからあまり打たれてないのかな」と振り返った。

 これでタイガース相手には自身7戦7勝。大家友和(51勝68敗)に並ぶメジャー日本人5位タイの通算51勝目(32敗)を挙げた。レンジャーズはダルビッシュが投げた試合は6連勝で、今季7勝3敗とエースの存在感は際立つ。この105球を投げてストライクは63球。防御率は2.83となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/22(月) 15:48
Full-Count

Yahoo!ニュースからのお知らせ