ここから本文です

“イングランドのメッシ“がブレイクするまであと少し? 「すでにスターリングを超えてる」との声も

5/22(月) 21:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季は無敵セルティックの主力として活躍

今季のマンチェスター・シティはラヒーム・スターリングやレロイ・サネ、ガブリエル・ジェズスなど若手アタッカーの活躍が目立ち、今後もこの3人はクラブを引っ張っていくことが期待されている。しかし、この中に割って入るだけの能力を持った選手が存在する。

ヘント久保、たった半年で“クラブ年間最優秀選手”のベスト3入り

イングランドのメッシとも呼ばれるパトリック・ロバーツだ。ロバーツはマンCからセルティックにレンタル移籍しており、今夏にはマンCに戻る可能性が高いと見られている。所属するセルティックは今季勝ち点を106も獲得して無敗優勝を達成しており、ロバーツも主力の1人としてリーグ戦で9得点を記録している。

そのロバーツについて昨年までセルティックのアシスタントコーチを務めていたジョン・コリンズ氏は、すでにスターリングを上回る実力があると太鼓判を押している。

英『sky SPORTS』によると、同氏はロバーツについて「彼はシティに戻ると思う。彼は5000万ポンドも移籍金がかかったスターリングより上だと思うよ。得点を奪えるしね。私としては彼にセルティックに残って欲しいが、彼は戻るだろう」とコメント。すでにスターリングをも超えており、スター軍団のマンCに戻ってもスタメン争いに割って入れるとの考えだ。

スターリングは終盤こそスタメンから漏れることも増えたが、今季は指揮官ジョゼップ・グアルディオラの下でキレ味鋭いドリブルが復活。右のスターリング、左のサネは驚異的な破壊力を備えている。果たして来季そこにイングランドのメッシが割って入るのか。マンC攻撃陣はいつの間にか若手の宝庫となりつつある。

http://www.theworldmagazine.jp/