ここから本文です

トーマス負傷欠場のセルティックス、ブラッドリーの決勝点でシリーズ初白星

5/22(月) 13:05配信

バスケットボールキング

 5月22日(現地時間21日)にNBAプレーオフのイースタンカンファレンス決勝第3戦がクイックン・ローンズ・アリーナで行われ、ボストン・セルティックスがクリーブランド・キャバリアーズと対戦した。

 アイザイア・トーマスをケガで欠くセルティックスは、5-3で迎えた開始2分10秒からケビン・ラブとカイリー・アービングに連続3ポイントシュートを許す。その後はエイブリー・ブラッドリーとマーカス・スマートの活躍などで追いすがるが、高確率で3ポイントを沈める相手からリードを奪えず、24-35で最初の12分間を終えた。

 続く第2クォーターは相手エースのレブロン・ジェームズをうまく抑えながらも、ラブ、アービング、カイル・コーバー、JR・スミスらに計5本の3ポイントを与えるなど31失点。ジェイ・クロウダーやスマートを起点に応戦するも26点を挙げるにとどまり、50-66で前半を折り返した。

 それでも、16点ビハインドで迎えた第3クォーターで意地を見せる。徐々にペースをつかみ、残り4分11秒にスマートの3ポイントで10点差に。さらにブラッドリーとヨナス・ジェレブコの3ポイントなどで迫ると、試合終了間際にはスマートが2本のフリースローを沈め、82-87で終えた。

 最終クォーターは開始早々にジェレブコの3ポイントで2点差に詰め寄る。その後、試合終了残り5分44秒に同点に追いつくと、同4分21秒には勝ち越しに成功する。拮抗した展開となる中、同点で迎えた試合終了間際にスマートのアシストからブラッドリーが3ポイントを沈めて勝負あり。後半に反撃を仕掛けたアウェイのセルティックスが111-108で勝利を収め、シリーズ初白星を挙げた。3連勝を逃したキャブスはアービングが29得点、ラブが28得点と奮起したが、レブロンが約45分間の出場で11得点に抑えられた。

【試合結果】
クリーブランド・キャバリアーズ 108-111 ボストン・セルティックス

BASKETBALL KING