ここから本文です

安藤裕子、自主制作SG『雨とぱんつ』ライブ会場にて販売

5/22(月) 19:55配信

Billboard Japan

 安藤裕子が6月3日にワンマンライブを行う東京・昭和女子大学人見記念講堂で、自主制作シングル『雨とぱんつ』が販売されることがわかった。

 『雨とぱんつ』は、安藤にとって初のプロデュース作品。安藤は自身のオフィシャルサイトに『長い話』と題したメッセージを掲載し、その中で今回自主制作に至った経緯を語っている。「私作るの好きなんですよ。」という一文から始まる文章の中には、「作り物を誰かが好きだといってくれる瞬間だけが意義なんだ」という力強い意思や、「それはとてもワクワクする行為で、明日という日の訪れを予感させるものでした」という自主制作への気持ちが綴られている。

 なお、『雨とぱんつ』は6月3日に開催されるライブ会場以外では、ライブ開催日以降に、オフィシャルサイトでの通販と配信のみの予定となっている。


◎安藤裕子 オフィシャルサイトより『長い話』
(以下、一部抜粋)
私作るの好きなんですよ。
表現だとかアートだとか、よく分からない。興味もたぶんない。
ただ作るくらいしか自分を見出せないんです。
人と心底腹割って話すなんてしないし、会話では繋がれない。したいともやっぱり思わないです。
結局ね、作り物を誰かが好きだといってくれる瞬間だけが意義なんだ。
今回のCDは大きな傘の下作られたものではありません。今までと変わらぬクオリティとは言い切れないけれど、誰かと物を作っていくという感覚を再び感じさせてくれた。それはとてもワクワクする行為で、明日という日の訪れを予感させるものでした。夜明け前だと今は信じてみたいのです。初めてのプロデュース作品。販売される場所はとても限られているけれど、手に取ってくれたら嬉しいです。

◎リリース情報
シングル『雨とぱんつ』
2017/06/03 RELEASE
DGAR-001 1,000円(tax in.)
<収録曲>
1.雨とぱんつ
2.暗雲俄かに立ち込めり

◎公演情報
【安藤裕子Premium Live 2017 ~夜明け前~】
2017年6月3日(土)
東京・昭和女子大学 人見記念講堂
OPEN 17:00 START 17:30
チケット:指定 6,500円(tax out.)

最終更新:5/22(月) 19:55
Billboard Japan