ここから本文です

児童が二上山登頂 高岡

5/22(月) 18:29配信

北日本新聞

 高岡市万葉小学校(平田裕康校長)の6年生44人は22日、「ふるさと歴史探検!」と銘打ち、近くの二上山(274メートル)に麓から歩いて登った。途中、越中国守・大伴家持が歌に詠んだ植物を観察するなど、地元の歴史や自然への理解を深めた。

 学校そばの二上射水神社から林道に入り、片道約2・5キロを登った。自然を生かして山の中腹に整備された万葉植物園では、児童が4、5人ずつのグループに分かれて散策。元富山市芝園小学校長で県自然解説員の竹内美矢子さんから説明を受け、家持が歌の題材にしたカタカゴやツゲなどを探し、写真を撮ってメモ帳に記録した。

 川田弥実さん(11)は「いつも登下校中に見ていた山に万葉集に詠まれた植物があることに驚いた」と話し、二上山にちなんだ歌を残している家持に思いをはせた。

 総合的な学習の時間を使っており、児童は興味を持ったことをさらに調べる。

北日本新聞社

最終更新:5/22(月) 18:31
北日本新聞