ここから本文です

大漁や航海安全願う「鉦」響く 糸満ハーレー、29日本番

5/22(月) 10:30配信

沖縄タイムス

 ハーレー時期の訪れを告げる鉦(かね)が22日午前5時45分ごろ、沖縄県糸満市糸満の拝所・山巓毛(さんてぃんもー)で鳴らされた。旧暦5月4日(29日)の糸満ハーレーの1週間前に行われる伝統行事。

 ハーレーギン(衣装)を着た東恩納博・糸満ハーレー行事委員会副委員長(糸満漁協筆頭理事)(62)は「伝統ある催しの発展と航海安全、無事故、大漁を願って鉦打ちした」と話した。

 糸満ハーレーは、糸満漁港中地区で29日午前10時の御願バーレーを皮切りに行われる。この日は県内各地で同様な催しが行われる。

最終更新:5/23(火) 18:20
沖縄タイムス