ここから本文です

里崎氏が現役時代に苦手だった投手とは…

5/22(月) 11:00配信

ベースボールキング

 3日に行われた『J:COMプレゼンツ ニッポン放送ショウアップナイター『プロ野球トークショー』in J:COM Wonder Studio』に出演した里崎智也氏は、現役時代に対戦していて苦手だった投手について語った。

 里崎氏は「多くの人はマー君とか、ダルビッシュ、松坂とか期待していたと思うんですけど、そこそこ打てたんですよ」と会場の笑いを誘い、苦手だった投手に楽天、日本ハム、DeNAでプレーしたグリンの名前を挙げた。

「(グリンを)全然打てなくて2シーズンで27、8打数1安打とかだった」と里崎氏が話したように、グリンが日本でプレーした4年間の対戦成績は、38打数3安打、打率は.079と苦戦。

「タイミングが合わなくて、どう頑張っても打てなかったんですよ。グリンがいなかったら3割バッターになれたんじゃないかという話をどこへ行ってもするんですけど、グリンを知らないから全然盛り上がらないんですよ」と嘆いていた。

 それでも、里崎氏は「グリンがDeNAに移籍したときは心の底から嬉しかったですね」と話し会場を盛り上げていた。

【里崎氏とグリンの年度別対戦成績】
06年:13打数1安打 率.077
07年:11打数1安打 率.091
08年:13打数1安打 率.077
09年: 1打数0安打 率.000

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報