ここから本文です

WRC:トヨタ、3台そろってトップ10入り。「難しいラリーだったが結果には満足」とマキネン

5/22(月) 13:50配信

オートスポーツweb

 5月21日、WRC世界ラリー選手権第6戦ラリー・ポルトガルは競技最終日のデイ4が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRT(TGR WRT)はユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC)が総合7位、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合9位、エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合10位と3名が揃ってトップ10フィニッシュを果たした。

【画像】体調不調のなか安定した走りをみせたヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)

 ポルトガルでのラリー最終日はSS16~19の計4SSで争われた。競技2日目のデイ2からチーム最上位の総合7番手を維持し、そのままの順位で完走したハンニネンは、ラリー・ポルトガルについて「前戦のラリー・アルゼンティーナほどではないが、かなりトリッキーだった」と振り返っている。

「このラリーに対する僕の経験は十分ではなかった。しかし、多くのことを学びながら最後までクリーンに走れたから、自信を持ことができたよ」

 前日のデイ3で体調が優れないなか総合9番手に順位を上げたラトバラは、この日も体調は万全ではなかった。それでも安定した走りで4SSを走破し9位で完走。6戦連続のポイント獲得を達成した。

 今回のラリーから新たに加わったラッピは、前日の総合11位からひとつ順位を上げ10位でフィニッシュ。ヤリスWRCでのデビュー戦にもかかわらず、入賞を果たしている。

 また、ラッピはタイム上位5選手にボーナスポイントが寄与されるパワーステージ(SS19)で4番手タイムをマーク。総合10位完走の1ポイントに加え、ボーナスポイントの2点を獲得してみせた。

 苦戦しながらも全車が完走を果たしたラリー・ポルトガルについてトミ・マキネンTGR WRT代表は次のように語っている。

「今回もまた非常に難しいラリーだったが、将来に向けていろいろなことを学んだ」

「3台のヤリスWRCがすべて完走したことに満足しているよ。我々の中で最上位だったユホ(・ハンニネン)は、一貫して堅実な走りで7位に入り、ポイントを加算した」

「もしも(競技3日目に起きた)小さなトラブルに見舞われなければ、さらに上の順位でフィニッシュしていたはずだ。彼は今回も我々のプログラムにとって大きな貢献をしてくれたよ」

「ヤリ-マティ(・ラトバラ)は昨日、かなり体調が悪く心配だったが、体調不良を乗り越え最後まで戦い抜いた」

「そしてエサペッカ(・ラッピ)は、今回がヤリスWRCでのデビュー戦だったにもかかわらず3ポイントを獲得するという、素晴らしい働きをしてくれた。彼が今回急激にスピードを高めていったことに感銘を受けたよ。彼の将来は明るいと確信した」

「チームは、これまでに学んできたことを効率的に吸収している。コ・ドライバーを含む選手全員と、すべてのチームスタッフに感謝しているよ」

[オートスポーツweb ]